平良 瑞代 【情報経理科】

平良瑞代 【情報経理科】

インタビュー

情報経理科 平成23年度卒業生 本部高校出身
平良 瑞代

内定を勝ち取るまでは履歴書を何度も書き直し、一般教養の勉強も欠かさず行いました。

那覇情報システム専門学校を選んだ理由
いろいろな専門学校のオープンキャンパスに参加したのですが、そのなかで雰囲気が一番よくて自分に合っていると感じました。先生方がフレンドリーなのも魅力的でした。公務員専攻科から情報経理科への転科に関しても、私のペースに合わせて真剣に考えてくれました。
資格取得について
平良瑞代 【情報経理科】 一人暮らしと学業の両立は慣れるまで本当に大変でした。自分なりの生活リズムを身につけ時間をムダにしないように心掛けたことで学校、バイト、プライベート、バランス良い生活を送ることができるようになりました。その結果、日商簿記2級、法人税、所得税、ファイナンシャルプランナー、ITパスポートなどの資格取得に繋がりました。
就職指導(就職活動)について
合同企業説明会や会社訪問で、多くの企業の方々と会う機会がありました。それぞれの先輩方が会社に強い誇りを持つ姿を見て、私がこれまで考えていた就職についての概念が変わりました。当初、私は税理士事務所を志望していましたが、就職活動は職種に対する視野の広がりと社会人として働く姿勢を教えてくれました。 内定を勝ち取るまでは履歴書を何度も書き直し、一般教養の勉強も欠かさず行いました。N-CIS登校時やアルバイトの空き時間では面接のイメージトレーニングもしました。常に不安でいっぱいな就職活動でしたが、友人や先生方に励まされながら面接を受け続けました。その結果、夏休み期間中の8月に採用の報をいただきました。1年次の転科から、内定にいたるまでの結果は、担任の先生をはじめ、N-CISの教職員の方々、家族や友人の支えがあってこそであり、とても感謝しています。

平良瑞代 【情報経理科】

就職後の抱負について
仕事について本気で考え、様々な視点を持つ先輩方と話す機会を得たことは、学生生活あるいは20年の人生で最大の自己発展であったと断言できます。社会人の生活はこれまで以上に未知の境地になりますが、就職活動は最高のイベントでした。
今後は、不動産業界の必須資格である宅地建物取引主任者の取得を学習の中心に据え、初心を忘れず、社会人1年目を有意義なものにしていきたいと考えております。

情報経理科