永山 千晶【医療ビジネス科OG】

永山千晶【医療ビジネス科】

インタビュー

医療ビジネス科OG
永山 千晶さん:医療法人 徳洲会 大垣徳洲病院
 

那覇情報システム専門学校を選んだ理由
もともとは美容系の職に興味があったのですが、将来の仕事のことを考えたり、医療事務をしている母の勧めを受けるなかで、医療が学べる専門学校への進学を思い立ちました。
N-CISを選んだ理由は、学費が安く、就職に役立つ資格を多く取ることができるからです。また、オープンキャンパスで出会った先生の印象も入学の決め手になりました。
就職活動について
医療事務の場合、就職は研修で決まると実感しています。私は県外志望だったので、県外の研修先を自主的に探しました。
研修に際しては、「研修中だから…」という気持ちではなく、ひとつひとつの仕事を一生懸命にし、研修先に自身をアピールすることが大切です。
先生方のバックアップもあり、研修先である岐阜県の徳洲会 大垣徳洲病院から内定をいただくことができました。
永山千晶 【医療ビジネス科】
 
N-CISを選んでよかったこと
先生や友達との出会いです。勉強のことはもちろん、プライベートなことも何でも話すことができました。特に担任の先生にはとても感謝しています。
仕事を通じて学んだこと
「接遇」は実践を通じてでしか学べません。患者さんは人それぞれ違います。それぞれに合った接し方を、実践のなかで今も学び続けています。
また事務の仕事に留まらず、看護師の仕事であってもできることは手伝うようにしています。医師や看護師が働きやすい環境を整えることも、医療事務の大切な仕事だと考えます。
沖縄を離れて感じること
一人暮らしをするようになって、母の苦労を理解しました。それまでは当たり前と思っていたことに対して、今は感謝しています。また、離れてから兄弟と仲良くなりました。家族のありがたみを感じています。
学生へのメッセージ
何をしたいのか、目標をできるだけはっきりとさせることが、就職へとつながります。医療事務であれば、どの病院の、どの科で働きたいのかということを明確にすることが大切です。
永山千晶 【医療ビジネス科】
 

医療ビジネス科

  

 

v