城間元気【情報システム科】

城間元気 【情報システム科】

インタビュー

情報システム科(首里高校出身)
城間 元気:株式会社リウコム
 

那覇情報システム専門学校を選んだ理由
高校卒業後は自分の道を模索しながら、お金を貯めるために1年間アルバイトをしていました。大学進学か就職か迷っているなか、友人を通じてN-CISという専門学校の存在を知り、入学を決意しました。情報システム科を選んだのは、高校時代からパソコンに興味があり、IT関係の仕事に就きたいと考えていたからです。
資格取得について
在学中に国家試験である基本情報技術者の資格やAccessビジネスデータベース技能認定などを取得しました。MOSのWord・Excelの資格等は、実習での業務にとても役に立っています。
就職活動について
自分は周囲の学生より1つ年上だったこともあり、就職への意識が高かったように感じます。早めに就職活動を始めたおかげで、早期に内定をいただくことができました。
城間元気 【情報システム科】
 
N-CISに入って良かったこと
授業内外に関わらず、先生方が丁寧に対応してくださったことです。放課後の試験勉強はもちろん、面接練習や履歴書の添削などにも快く応じてくださいました。このようなバックアップが、内定獲得の大きな助けになりました。
実習内容について
半年前から、実習で企業から委託された業務や印刷のオペレーション業務の仕事をしております。印刷機械の操作から、印刷物のチェック、加工までを行っています。オペレーション業務は覚えることが多く、日々新しいことを学んでいます。

城間元気 【情報システム科】

実習を通して学んでいること
コミュニケーションの大切さです。業務は自分一人で完結しません。周囲の先輩や他の部署の方々と連携し、ミスなく効率的に仕事を進めるには、コミュニケーションが欠かせません。
実習における目標
今は上司や先輩の指示を待っているだけですが、早く入社して仕事を覚えて自分から率先して動けるようになりたいです。
リウコムへ入社を考えている学生へ
勉強も大切ですが、コミュニケーションはもっと重要です。また、ここでの業務は正確さが必要です。真面目で責任感がある人材が求められていると実感しています。
城間元気 【情報システム科】
 
これからN-CISに入学する学生へ
専門学校は高校の延長ではありません。周りに流されることなく、就職への高い意識をもって、真面目に勉強に打ち込んでください。

情報システム科