花城武慎【情報システム科】

花城武慎 【情報システム科】

インタビュー

情報システム科(与勝高校出身)
花城 武慎:株式会社サムズインターナショナル
 

N-CISを選んだ理由
学費や就職のことを考え、大学ではなく専門学校に進学しました。
N-CISを選んだのは、他の県内専門学校と比べて学費が安く、支援制度が充実していたからです。
就職活動について
自分は他の学生に比べ、動き始めるのが遅かったため、苦労したように感じます。
現在の勤め先である株式会社サムズインターナショナルには、校内に掲示されていた求人票を見て応募しました。その際は、履歴書の添削や面接練習など、先生方に丁寧に対応していただきました。
花城武慎 【情報システム科】
 
現在の仕事について
まず研修で、様々な課題が与えられます。今はWebプログラミングの課題に取り組んでいる最中です。定期的に課題の発表を行うのですが、他の研修生の課題を見ることで、プログラミングの構成や記述の仕方など、多くの発見があり刺激を受けます。

花城武慎 【情報システム科】

仕事を通じて学んでいること
スケジュール管理を学んでいます。課題は重なることがあり、自分でスケジュールを工夫して、仕事をしなければなりません。スケジュールどおりに進まない場合は、上司に状況を報告し、調整を行います。
また、学校では何でも気軽に先生に質問できましたが、仕事ではそうはいきません。問題にぶつかったときは、できるだけ自分で調べるようにしています。人に聞いて簡単に答えを得るよりも、苦労して自分の力で問題解決する方が、役立つ知識が身に付きます。
現在の目標
今は課題に取り組みながら、より多くの知識や技術を吸収することを第一に考えています。周りの先輩方からも技術を学び、スキルアップをして、早く仕事をこなせるようになりたいです。
学生へのメッセージ
JavaやPHPといったプログラミング言語だけでなく、英語を習得していると就職の際も、実務においても有利だと感じます。また、基本情報技術者やIT パスポートなどの資格は、この業界では持っていて当たり前だということを目の当たりにしました。高い意識をもち、できないことをそのままにせず、調べた り、聞いたりして解決する習慣を身に付けてください。
花城武慎 【情報システム科】
 

情報システム科