進級オリエンテーション/新聞の読み方

 

進級オリエンテーション2日目 琉球新報さん来校「新聞の読み方」


進級オリエンテーション2日目。午前中はワークショップの続きと、発表会へ向けたグループ製作を行います。

  

ワークショップでは国際通り周辺の地図づくり、ターゲット層にあわせた内容で製作・プレゼンテーションするという内容になっています。終了時間が目前となりあわてて調べものをしたり、冗談を言い合いながらも作業をすすめたりと同じ条件ながらも、グループの雰囲気は様々です。

  

そしていよいよ発表の時間になりました。それぞれの学生が緊張した面持ちながらも、大勢の前で学生自身なりの地図や考えを、笑いを交えながら楽しく披露してくれました。最後には優秀なグループを全員で決め、話す側も聴く側もとても良い雰囲気でのオリエンテーションとなりました。

  


午後からは琉球新報さんによる「新聞の読み方」講座




新聞の就職活動への活用法を、こちらもワークショプ形式で行いました。
琉球新報様を講師として迎え、午前中とは違った雰囲気のなかワークショップが行われました。

  
  

スマートフォンやテレビから得る情報との違いや、短い時間で欲しい情報を汲み取り、さらにそれを別の人へ伝えてみる。とてもシンプルな講座内容ながら、身近な新聞を上手に利用する過程を知り、学生たちにとってもいままで以上に新聞から得られる情報の活用方法を学ぶことができました。

以上で2日間に渡る進級オリエンテーションは終了となりました。通常の授業内容とは少し方法を変え、新年度へ向けた節目として、いまいちど学生生活を「立ち止まって考える」機会になりました。