友利 裕貴【情報システム科】

 

◯ 専門学校時代に経験したことで、現在の仕事に活かされていること。

在籍時の2年間ではアプリ開発実習と就職活動をとおして得られた行動力が、大きな財産になっています。
開発実習では目標を共有するもの同士で作り上げていく過程で、チームワークの必要性を学ぶことができました。現在はプロジェクトリーダーを中心にチームで開発に取り組んでいますが、開発したアプリをリリースする審査は厳しく、多くの課題を解決していかなければなりません。チーム全体で課題を共有し解決に取り組むことが必要です。
就職活動は行動の質と量が内定の決め手です。
県内外の企業訪問、校内外の企業説明会、インターンシップの経験、弊社「プロトデータセンター」採用担当の方々からのアドバイスを受け、内定を得ることができ、未熟ながらもチームの一員として役割を担う事ができています。


◯ 仕事をするうえで心がけていること

まだ入社一年目ですが試行錯誤しながら、与えられた役割に精一杯、取り組んでいきたいと考えています。先輩社員の方々、チームメンバーに恵まれていますので、とても充実した環境で仕事をさせていただいています。



◯ 仕事にやりがいを感じるところは

先輩に導いてもらいながらの日々ですが、エアプログラミングという案件に取り組んでいます。思ったとおりに「やっと動いた!」の瞬間、達成感、やりがいを感じます。
 

◯ 那覇情報システム専門学校に進学する高校生や就職活動を前にした情報システム科の後輩にアドバイスをください

Home Security

N-CISの皆さんへのアドバイスは、とにかく作ることを心がけてください。入学時ノートパソコンが支給されましたが、そのパソコンで自分の好きなものをとりあえず作りました。学ぶことを、一歩進めると入学当初は漠然した目標、求めているものが見えてきます。
求めているものが見えてくると、先生方のアドバイスから、次に取り組まなければいけない課題や目標としていた職種に近づいていることを実感します。
ITにも様々な職種がありますが、ゲーム開発を目標にブレることなく学べました。目標をしっかりもって学んでください。「させられる」ではなく「自分の意思ですすめる」ことが大事です。
一番はやっぱり
楽しむことです!


 


デジタルクリエイター科